自分で色々と調べるから、好きな事がもっと楽しくて好きになれる!


好きな事なら、自分で色々と調べられる!

こんにちは

タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

自分が興味あることに関しては、誰もがその事について無意識にでも色々と調べてるって事があると思います。ボクの場合だと、新商品のタイヤだったり、車のカスタムをする際にしても、はたまた今ドップリと嵌っているカメラの世界のレンズの種類や、撮影方法などが該当します。

 

先日の日曜日に、ふらっとリサイクルショップに立ち寄ったんですね。これと言って欲しかった商品があったワケでは無く、なんとなく何か掘り出し物が無いかなァ~?って、そんな軽い気持ちでした。

 

そのリサイクルショップは、1つのビルになっていて5階くらいまであります。各階、アイテム別に取り扱っている商品群が違っていて、その中からボクが目指したのは唯一なにか必要な物があるだろうPC関連や家電商品を扱っている場所でした。

 

おもむろにその売り場を見て回っている時に、ボクの心をぐわし!っとわし掴みにされたアイテムがありました。それは・・・

 

連邦軍仕様の、RGM-79N ジムカスタム♥
image

欲っしィーーーーーーーーー!!!!(笑)

 

では、無く・・・

 

憧れの、シグマ製の300mmの望遠レンズ♪
image

しかも、お値段が破格の1,980円!!ww

 

なんと、なんと、こんな素晴らしいアイテムが売られているじゃありませんか♥ 今のオリンパス E-PM2は、標準タイプのWレンズキットを知り合いの方から譲ってもらったのですが、標準タイプだと150mmが限界値なんですね。それで撮った画像を、トリミングして加工すれば300mm相当に変換する事は出来るのですが、この辺りに最近ではキャパ不足を感じているところでした。

 

何のタイミングなのかは不明ですが、望遠レンズを使ってのテスト試写もして見たいし、仮に使えなかったとしてもこの破格的なお値段ですから、買ってしまおうかな?と、しばしショーケースの前から動けなくなっていました。。。(苦笑)

 

 

調べる癖を身に付けると知らなかった事に気付けるので、その世界の事がもっと楽しくなります♪

結論から言うと、今回のこのレンズは購入しなかったんですね。と言うのも、現地でもスマホで調べたりしたのですが、詳細な情報を掴めなかったので自宅に戻って色々と情報収集して調べた結果、このままだとボクの愛機には使えない事が判明したんです。

 

カメラの機種には、ボクの愛機であるオリンパスE-PM2の様な小型機種のマイクロフォーサーズ(以下、MFT)と、やや大きめの機種であるフォーサーズ(以下、FT)仕様の機種とに分類されるらしいんです。(実は、そんな単語すらも知らなかったw)

で、MFTとFTでは、レンズの取付けサイズが違う事が判明しました。仮に、買ったとしても以下の不具合が起こる可能性が分かったんですね。

  1. 取付けサイズが違うのでそのままではボディ(カメラ本体の意)に取付けられない
  2. FTレンズをMFTカメラに取付けれる変換アダプタが必要
  3. その変換アダプタが、思惑、バリ高い!(瀕死)
  4. 取付けたとしても、オートフォーカス機能が正常に作動しない可能性が高い
  5. その為、撮影時は常にマニュアル操作が必須となる
  6. 故に、実用性に欠け過ぎるので意味が無いと言う事が判明

と、まあこういった事が判明したんですね。中でも、2.に挙げた項目の変換アダプタですが、めっちゃ小っこい部品なんですがね・・・

 

image

変換アダプタをネット検索したから、FBの広告表示欄にこのアイテムばっかりが表示されるワナワナになりました(爆)

 

これは、オリンパス製純正の変換アダプタ MMF-2なんです。お値段、定価2万円する代物です♪ これを取付ければ、FTレンズも使用する事が可能となるそうです。こういったアイテムは、純正品以外にも所謂、〝社外品〟と呼ばれる品も存在します。ボクが調べただけでも複数の〝社外品アイテム〟が存在していました。

 

社外品の魅力は、純正品の値段に比べて半分以下の出費で済むんですね。でも値段がそれなりですから、商品の精度もそれなりって事が起こりえます。これは、自動車の部品でも似た様な事が言えるんですね。今回のアダプタに関して言えば、1,000円台で販売されているのもあれば、5000円台で販売されているのもありました。レビューを読んでみると・・・

 

  • 取付けは可能だが、きっちりとフィットしないから安定性に欠けて不安
  • 取付けする際に、きつくて取付けしにくい
  • レンズが正常に作動しない(レンズとボディの不具合も関係するが、そもそもレンズ側からの情報を読み込まない)
  • 少し値段の高いのを買いなおした・・・

 

等々のレビューがありました。仮に、購入したとしても今回の件に関しての出費は、15,000円ほどで揃える事ができますが、ボディとのフィット感に安定性を欠くのが唯一の不安点だったので購入するのは辞めました。その金額を出すなら、もう少し出してオリンパス製の望遠レンズが中古で出回っているのも理由ですし、そちらを用意した方がメリットが大きいからです。

 

そうこうして、ここまで調べていく内に自分が知らなかった情報をかれこれ入手してます。やっぱり、自分が好きな事だと、色々と調べるのも苦にならずに関連する情報を入手する事が出来るんだなと思いました。

 

こういった事は、ボクの仕事でも起こる事なんですね。特に、車のカスタム依頼をされるお客さまが、事前にご自信で調べて来られる場合があったりします。中には、凄くレアな情報を引っ提げて依頼されるマニアな方もいらっしゃいます♪ ww

 

そういった方や今回の自分の行動を振り返ると、やはり自分が好きな事や興味がある事に関しては調べる事も苦にならないし、もっとその世界に関する事が知る事が出来るのでもっと好きになれるんだなと改めて実感した日でもありました。