岩国基地、下見を終えて♪ ~後編~


2016-07-26

やりきった感は、ある撮影。写真の世界の魅力に、気付けた出来事♪

こんにちは
タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

先週の土曜日の早朝に山口県入りしてから、クラウン周南さんで30時間連続営業のお手伝いをさせて頂き、翌日の日曜日に一瞬だけ広島県へ。そして、やはり気になって仕方が無かったので、再び山口県の岩国基地まで行くという愚行をしちゃいました♪

 

そして今回のブログは、前編と後編に分けて書いております。前編は、こちら。
今日は、続きの後編になります。

 

家宝は、寝て待て♪ そんなノリ、嫌いじゃありません(笑)

さて、昨日の続きを書きますね。絶好の離陸時の姿をハズしてしまったボクは、再び撮影ポイントに戻り、ひたすら待ち続けていました。すると、いつの間にかカメラを構えた撮影狙いの人たちが増えてました。おそらく、ここの常連さん達でしょうか?撮影ポイントの場所取りも、中々、絶好なポジション取りをされていました。

 

その中の1人の方に、この地区での状況を尋ねました。すると、最近では午前に1回と午後に1回の飛行訓練をしているそうです。そして今この基地で訓練している機体は、AV-8B HARRIER(ハリアー)しか飛行していない事が分かりました。その他の機体は、アラスカやオーストラリア方面に移動になったそうです。

 

離陸の瞬間をハズしたので、帰還時の光景だけでも撮って帰りたいと思い、再度待ちます。多分、この待つ時間も興味の無い人には、退屈な時間なんでしょうね。だから撮影に行く時は、基本1人で行く事が多いです。(笑)

 

そうこうしている内に、先ほど飛び立った2機が戻って来ました。150㎜レンズでテレコンを使っても、やはり距離が遠過ぎるので着陸の瞬間は撮れませんね。撮っても、『 点 』にしか写りませんし、ハリアーは垂直方向にも動けますので動きが不明でした。着陸後に滑走路をタキシング(!?)する光景は撮れたので、アップしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

距離と解像度は、もうこれで限界です(笑)

現像している最中に気付いたのですが、レンズに減光フィルターを取り付けるのを忘れてました・・・(と言うか、まだそれを買っていないのですがね)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気温が高かったのもあるのか、陽炎がバンバン写ります・・・

そして、先ほどのジャンボ機も離陸して行きましたので、唯一、離陸の瞬間を撮れたのはこれだけになりました・・・(笑)

image

 

現地に行かないと、分からない事が沢山ある。ブラウン(仮名)が教えてくれた、アドバイスが生きる!?(笑)

実は、今回の件で別の地元の人に尋ねた事があるんですね。空港の交差点近くにあるコンビニで、外国人の男性2名、女性2名のグループが自転車に乗って来ていたんですね。おそらくは、岩国基地の関係者の方々だと思うのですが・・・(9割は、間違いないと思う)

 

下見と言えども、おいそれと来る事が出来ない環境(ボクが、島人のためw)にあるので、出来る事ならテストを兼ねて、何かしらの撮影をして帰りたかったんですね。出来れば、メインとしている戦闘機の飛行写真とかを撮ってみたい。で、意を決して、英語が話せないボクですが、彼らの1人の人に話しかけたんです。身長が、勇に2mを超えているスリムな男性です。

ボク:『すみません』

彼 :「Yes, sir!」←即答で、この言葉が返ってくる時点で、軍関係者と判定しました!w 

 

英語が話せないのに、どうやって会話したのかと思われるでしょう。そこは、近代兵器のスマホの翻訳アプリを駆使して、何とか情報を得たい一心で必死です。(笑)
彼に、飛行訓練の姿を見たいのだと伝えると、エアーショーを見たいのかい?と聞かれたんです。

 

ボク:『違う!ブラウン(仮名)、そうじゃない!それは、フレンドシップの話じゃないか。ボクが見たいのは、ここの基地に所属して飛行訓練している戦闘機が見たいんだ!今日の午後から、戦闘機は飛行訓練をするか知らないかい?』

 

アプリを駆使してそう伝えると、彼は少し返答に困った感じでした。後で気付いたのですが、おそらくこの質問に対する明確な回答は、勤務上の機密事項に触れる事になるんだろうなと気付きました。だから、彼は返答に少し困ってしまったのだと思うんです。ブラウン、あの時はゴメンね♪(苦笑)

 

そして、彼が友達にも確認してくれてました。(と、思う光景です。)
目の前で、他のメンバー達と何やら会話していてくれたので、おそらくは今日の飛行訓練の有無について、或いは、その事について教えてもいいのか?って内容を話していたのだと思うんです。

結局、彼らから教えてもらったのは、空港に行けば見えるよ♪って事が、会話の中の単語で分かりました。ブラウン、ありがとう♪そして、答えにくい事を聞いてしまって、ゴメンね♪

 

毎日、AFNのインタネットラジオを聴いているのに、英語を理解できるレベルはこんなレベルなボクです・・・(苦笑)

 

 

最終的には、離陸時の写真は取れなかった下見ツアー。でも、それ以上の収穫を得れました♪

今回のここを訪問したのは、下見として行ったので大雑把ですが何となくどんな場所で、どんな光景が広がるのかを確認する事が出来ました。

 

結果から言うと、今回のツアーで離陸時の姿を収めれたのは民間機とジャンボ機のみなんですね。離陸速度は、地元の松山空港とさほど変わりませんでしたが、離陸時を見上げるアングルや迫力は、全くの別物で楽しめる事も出来ました♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩国ANAです♪

このアングルから見上げる姿は、松山空港では南向きに離陸しないと中々見る事が出来ません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離陸してからも、距離が近い方なのでテレコンと150レンズでも、この距離感です♪

離陸後の距離感も近い方なので、迫力は全く違いましたね♪

 

image

例のジャンボも、離陸して行きました♪

image

こんなド迫力の機体、初めての撮影です♪

そして、夕方まで粘った甲斐もあって自分なりには満足いく写真も数枚撮れました♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハリアーと、自衛隊の輸送機のトリプルコラボです♪

 

カメラデビューして約1年程度のボクですが、最近その写真で伝えられる事があると思うんですね。それはカッコいい写真だったり、柔らかく優しい印象の写真を撮る事が出来るなって思うんです。

 

男性、女性関係なくファインダー越しから見える世界観は、撮る人の世界観を表現する場でもあるんだなと思えだしました。Instagramの世界でも、単に写真が好きな人、本格的なカメラで撮影する人、手軽にスマホで投稿する人、楽しみ方は人の数だけある世界です。その中で、唯一、言語が違っても世界中の人と共有する事が出来るのは、各々が感じ取る感性 だと思うんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓮根の花と、ANAの尾翼♪

 

写真の世界は、こういった事を教えてくれる世界だと思います。だから、ボクはどんどんこの世界に魅せられているし、楽しませてもらえてるし、恐怖のレンズ魅力にも引き寄せられているのだと感じました♪

 

今度また岩国基地に行くから、それまでには300クラスの望遠レンズを用意しておきたいな・・・(苦笑)