枠から少しハミだすくらいが、楽しいと思う。


あなたは、アウトローの人だ!

って、昨日ある人に衝撃(笑撃)的な最高の褒め言葉をいただきました。そんな褒め言葉を頂き、ありがとうございます となった金曜日でした♪ (・∀・)ノ

 

image

アウトローなので、自分を出しても平気です!笑

 

こんにちは

タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

昨日、とある組織の人とお話をする機会を頂きました。その会話の中で、ボクがエクスマと出会えて良かったと思えたし、エクスマで学びを得られたから仕事が楽しく思える様になれた事に、心底ありがたいなァ~ と感じる事がありました。

 

仕事を仕事と捉えている間は、苦痛になる!それに気付かせてくれた、エクスマとの出会いに感謝♪

ボクのブログに、ちょいちょい登場するエクスマ。正式名称を、エクペリエンス・マーケティングと言い、通称名がエクスマと呼ばれているマ-ケティングの事を言います。

エクスマって、なんじゃい?て方は、こちらをご覧くださいね♪

藤村正宏先生が提唱するエクスマ

 

さて、そのエクスマの要素の中に、仕事に遊びを取り入れたら、仕事がもっと楽しくなるよ!って事を言われています。カッチカチ思考の人には、『仕事に遊びなんか取り入れて、良いワケが無い!!』と激怒されるでしょうかね!? でもですね、事実、これを初めて聞いた時から、ボクの中で仕事に対する考え方や捉え方が変わり、それを意識して行動に移してからは苦痛と感じる事がなくなりました。

 

本来お休みである日曜や祭日に作業依頼を頂いたり、夜間の作業依頼を頂いても、何の苦にも感じなくなりました。寧ろ、楽しくもあり、それをする事で誰かが喜んでくれるのだから、嬉しい気持ちになれるんですね。

 

今でこそ、あまり言われなくなりましたが、以前は色んな人からよく言われてた言葉がありました。それは、『休みは、しっかり休め!』って・・・

 

これ、とてもありがたい言葉をかけてくれてますよね♪ 体の事も、メンタルの事も気にかけてくれてる言葉なんですが、でも本人は至って平気なんですね。休みたくなったら休みますし、体調が悪い時はペースを落としてますし・・・( ;∀;)w

 

考え方の違いと言ってしまえばそれまでなのですが、オンとオフを分けて考える事がセオリーだった時代もあったと思います。『 あった 』と書きましたから、今のボクの考えでは、既に過去形になってます。蛇口を捻れば水が出るのって、当たり前ですよね。それと似た感覚で今では、オンもオフも混同してます。だからと言って年中仕事の事だけを考えてると言うのでは無く、仕事の事が生活の一部と化してる、そんな感じです。

 

考え方にしても、まだ以前の思考癖が100%変わったワケでは無いですが、自分がしている仕事の中にある 価値 を意識して、伝える事の大切さに気付けました。だからブログの発信内容も、当初の作業日誌的なブログから比べれば、内容が大幅に変わってます。

 

仕事に遊び心を取り入れる、好きな事を取り入れられる様になると、それまで見えなかった自分達の仕事内容が、違う視点で見れる様になれます。そうなると、今度は新しい気付きに出会える様になります。所謂、『 閃き 』ってヤツです。これは、エクスマを学んだ事のある人にしか分からない事かも知れませんし、鋭いひとなら普段の生活パターンから簡単に気付ける事でもあると思います。ボクの親しい友達にも、エクスマで学ばなくても、自身の生活の中で気付いてる人が居ますからね。

 

昨日、仕事のお話をさせて頂いた方は、ボクより一回りも上の管理職の人でした。ボクより当然、人生の先輩ではあるのですが、如何せん、ボクとの仕事に対する考え方が違い過ぎていました。。。

 

仕事は、こうでなくてはいけない!トップダウンの支持は絶対であり、現場はそれを遂行するだけ・・・とか、色んな事を聞かせてくれて、根っから組織人の考え方をされている方でした。だから、ボクの様な考え方をしているタイプを、アウトローな人種と見られたのでしょうかね♪

 

ボクは、個人事業主としてやっています。個人事業主は誰が指示を出すでもなく、指示を出すのは代表のボク自身です。全ての判断の可否も、ボクが判断します。その結果がどうであれ、全ての責任も代表のボクにあり、ボクが取ります。

 

だから、現場ではお客さまの声に真摯に向き合い、お客さまと共に楽しむ事を心掛けてます。お客さまが笑顔になって喜んでくれる事を意識してます。それには、お客さまとの距離感が大事だと思ってます。アウトローに見える人間であっても、その裏には常に 責任 という目には見えない事を背負っているんですね。

 

その人の考え方を否定するつもりではありませんし、その考え方でこれまでの職務を全うされて来られているのですから、良いと思います。ただ今回は、ご縁が無かっただけの事なんだと思います。

 

彼に出会った事で、今の自分の環境が凄く恵まれている環境にあるんだなと感じました。売上げの数値も左右されますが、好きな事を仕事に出来ていて何より目の前のお客さまに向き合える距離にある自分が、とても誇らしく思えました。

 

 

小さい個人商店だからこそ、出来る事は無限大にある!

大きな組織には、大きな組織としてのメリットがあります。その反面、デメリットも混在してますが、やっぱりメリットの方が大きいかな?

 

逆に、個人商店では、正直、大きな会社組織には敵わない事が多々あります。でも、小回りが利く事や、トップダウンからの指示待ちをしている間に、即答する機敏さがあります。

 

ボクの店では、量販店や専門店がしていない お客さまの車両を引取り・納車するってサービスをしています。

(これには、一定の条件がありますので詳しくは、サイトにある まさTYREのサービスメニュー をご覧くださいね)

 

これは、お客さまの待ち時間を有効活用してもらいた思いから閃いたサービスなんです。こういった事は、どこもやっていません。タイヤ交換をする場合は、だいたいがお店に行って作業完了するまでの間、そこで待ち続けるのが業界的にも当たり前の考え方でした。でも個人店だと、こんな事が出来るんですね。

 

お客さまの利便性を考えたり、お客さまの立場になって考えて見ると、まだまだやれる事や思いつく事は、無限大にあると思います。それは、自分の肌感覚で現場を通して感じる事からの閃きであったり、お客さまからの生の声であったりします。

 

大きな組織の考え方を否定はしませんが、一見アウトローに見える個人商店にも、お客さまを常に想う気持ちを持って、自分の好きな仕事に取り組んでいます。好きを仕事に取り入れられる幸せは、どんな職場環境よりも恵まれている事です。例え、それで何ヶ月も休みが無くとも、好きな事をしている間は時間さえも忘れて夢中になっていますからね。

 

助けてくれる仲間が居て、喜んでくれるお客さまも居てくれて、エクスマでの学びがあるから今の自分が存在する、そんな事を感じた日でした♪(・∀・)ノ

 

 

大分県にあるチームセブンのタロキチさんの様な名刺を渡したら、あの人たちは腰を抜かすだろうなァ・・・ うん、きっとね …(*´-`)www

 

 

Follow me!