やっぱり、遊び心があるから楽しいって思える♪


2016-07-15

それは、ある日突然やって来ました。まさに、不意打ちとはこの事!(笑)

こんにちは
タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

2日前に、ある人から郵便物が届いてました♪それが届く前日に、富山県にあるクライメイトさんからホイール商材の資料を送りましたからって連絡を頂いてたんですね。ボクは、てっきりそれが届いたのかと思っていたら、なんとなんと・・・

 

image

大分県佐伯市のタロキチさんから♪ (・∀・)ノ

 

これ、いわゆるセブンイレブンの夏ギフトカタログなんですね。お中元カタログとも言うのかな?普通の夏ギフトカタログって、当たり障りも無い綺麗な表紙で、いかにも万人受けを狙ったカタログが主流ですよね。表紙をめくって中身をパラパラ見て・・・ はい、おしまい。これと言って、良いのが無かったね・・・ で、終わってしまうパターンが多いと思いませんか?少なくとも、ボクはそういうパターンが多いんです。(苦笑)

 

でもですね、そのパターンに陥りやすいカタログも、タロキチさんにかかれば普通の夏ギフトカタログが、思わず『何じゃ、こりゃ!?』って変換されるんです♪

 

image

※ プライバシーの保護の観点から、一部画像を加工させていただいてます♪(笑)

ほら、こんな表紙しているのが夏ギフトカタログって思えます?(笑)こういう事って、普通の感覚が当たり前って思っている人には、衝撃的すぎて寝込んでしまうかも知れませんね。或いは、ガチで怒るかのどっちかかな?

 

見る人に、『何じゃ、こりゃ!?』って思ってもらえれたら、それは必ず興味を引く事になりますよね。『何じゃ、こりゃ!?』って思ったから、中身を見ちゃうワケですもんね♥(笑)

 

〝 同じ商品を買うなら、この人から買いたい 〟 そう思ってもらえれば、結果、それはお店の販促につながります。だって、実際にボクはタロキチさんに夏ギフトをお願いしようとしてますからね♪

 

 

デジタル化の時代だからこそ、そこに見え隠れする『 相手を想う気持ち 』が伝わるアナログ式の郵便物ってのが良いよね♪

タロキチさんから送られてきた郵便物には、届け先の相手を想う気持ちが色々なとこに秘められていました。例えば、ボク宛に届いた今回の事例を紹介すると、

 

image

ボクのヘタな写真でも、ちゃんと見てくれているってのが分かりますね♪

 

A4サイズに書き込まれたコメントに、ちゃんと飛行機の写真を見てくれているってのが分かる文面が目に付きました。それよりも、全文が手書き文字です♪

 

加えて、最近のご自身に起こった近況も教えてくれてます。だいたいの経緯は、FaceBookで友達になっているので知ってはいましたが、こうやって実際にご本人さんから近況の話を聞くのとでは受取り方も違いますね。

 

image

こちらは、おまけで手配してくれたこれまでに発行されたニューズレター特集♪

 

たまにですが、ボクも手紙をお客さまに宛てて書く様にしています。勿論、自筆の手書きですが、ここまでキレイには書けません(爆)
でも、その想いが伝わると、文字が達筆でなくともお客さまは喜んでくれるんですね♪ 実際に、お礼のお電話を頂戴した経緯がありますから、実証済みです。

 

デジタルがもの凄い速度で進歩していますよね。ほんの数年前までは、スマホなんて無かった時代で、当時のみんなの主流はガラケーでしたもんね。それが、今では逆転してガラケーがどんどん無くなってる現在になりました。

 

デジタル化が進んでとても便利になった現代です。どこにいても誰かに連絡を取る事が容易に出来ます。メール、LINE、メッセンジャーとか(まあ、どれもメールの様な感じではありますが)、色んなツールで遠く離れた人とも連絡のやりとりが可能になりましたよね。

 

でも、そんな便利な時代になった今だからこそ、こうしたアナログ式の味が生きてくるんだとも思うんですね。同じDMを送るにしても、何か一言で良いから手書きのコメントがあるのと無いのとでは、受取る側の人の印象も大きく違うと思いますね。

 

タロキチさんが送ってくれた郵便物を見ながら、改めてそんな事を感じました。あ、因みに同封してもらった別紙の資料は、今後のボクがやってみたい資料の研究材料として厳重に保管させてもらいます♪