FJcruiser meets BFGoodrich All-Terrain T/A


2016-08-1

国内欠品中のタイヤが、本国より入荷しました♪

こんにちは
タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

昨日は、7月最終日の日曜日でしたが、ありがたい事に昨日もタイヤ交換の作業をさせて頂きました。ありがとうございます♪

 

7月の上旬頃にタイヤの指定銘柄でオーダー頂いて、その翌週の3連休の頃に合わせてタイヤ交換したいとの連絡を頂いたんです。で、その時に問屋さんに在庫確認して見ると、何とまさかの全国欠品状態!しかも、納期回答が、8月上旬に本国より入荷予定!だったんです!(滝汗)

 

さすがに、こればっかりはボクの力ではどうにもならないので、ご本人にも連絡して8月以降の作業にさせてもらったのですが・・・BFGoodrich、頑張りました!納期予定よりも大幅に前倒しで入荷しましたので、早速タイヤ交換の作業をさせて頂きました♥

 

 

image

本国より、入りたてホカホカのBFGoodrichくんです

image

4 × 4ユーザーには、絶大なる人気のタイヤになります♪

 

遠路はるばる、神奈川県から来てくれた友達♪

実は、今回のお客さんは四国以外からタイヤ交換に来てくださったんです。って言うと、かなり大袈裟になりますが、でも実際に神奈川県から来てくださったお客さんなんですね♪ナンバープレートの数字はモザイク加工していますが、プレートの文字に『相模』とあるのが見えると思います。

 

image

ナンバープレートの文字、確認できますか?相模ですよ!(驚)

 

神奈川から四国愛媛までの移動距離は、新東名高速経由でざっと766㎞はあります。その間に、タイヤ屋さんなんていくつもの数があったと思います。量販店や全国展開している某メーカーの直営店とかを含めても、近場にある筈なのに、わざわざ四国のボクの所でタイヤ交換してくれるなんて嬉しさを通り越した領域です♪(号泣)

 

そんな彼とは、Twitter時代からのお付き合いさせて頂いている方なんです。だから、もう5年くらいの月日が経ちますが、今でも懇意にしてもらえてますし、こうして時々ですがわざわざ四国まで遊びに来てくださる方なんですね。

 

image

 

因みに、お酒を呑まれるのが大好きな方なんです。ボクは、アルコール類が一切受け付けない体質なのでその楽しみは分かりませんが、知り合って間もない頃に関東方面に行った際にお会いして、地元の飲み屋街を連れて行ってもらった事があります。その時の印象は・・・

1人、酔っぱらって出来あがったお父さん状態♪(笑

 

だった事を、今でも覚えてます。でも、変に相手に絡むのでも無く、ご自分が陽気に楽しまれている方だったので、それ以降もこうしてお付き合いさせてもらえている間柄になれました♪

 

4×4ユーザーが、BFGoodrichを選ぶ理由♪

本気の4×4ユーザーさんからは、絶大なる支持を得ているタイヤが BFGoodrich になります。このタイヤの人気は、悪路に対する走破性が高いのがポイントとなります。

 

また、別の見方をすると、
タイヤが減りにくい点!
が人気の秘密なのかも知れませんが、実際にこのタイヤを装着されると、5年以上は持つます。

 

但し!!デメリットも、あるのも確かなんです!それは、

・ロードノイズが大きくて、うるさく感じる。
・タイヤが重いので、エンジン回転を要するため燃費が悪化する傾向がある。
・次のタイヤ交換する理由が、溝はあるのだけれどもタイヤ側面のヒビ割れが激しくなってから交換する事が多い

 

こういったデメリットがあるのも、事実なんですね。だから、オフロードの走破性能を楽しみながらも、アスファルトの上でも快適に走行されたい方には、ヨコハマタイヤのジオランダーシリーズを提案させて頂いています♪

 

だいたいは、ヨコハマのジオランダー系を選ぶ方が多いです♪
この2者が、4×4ユーザーさんには主要な人気銘柄となっているんですね。でも、こればかりはユーザーさんの好みや使用目的の線が濃いので、ご自信が気に入ったタイヤを選ばれたので良いと思いますね♪

 

image

アウトサイドの文字は、4×4ユーザーが好むホワイトレタリング仕様です♪

 

BFGoodrichも、アウトサイドの文字が白く目立つようにホワイトレタリング使用になっています。画像では見えにくくて申し訳ないのですが、サイドウォールの部分は薄い水色のコーティングが施されているんですね。

 

これは、BFGoodrichと表示されている部分が白色をしているので、組込み作業時や配送時の汚れを防ぐ事が狙いなんです。交換作業が終わると、この文字の部分に水をかけながらブラシ等で洗い流すと、本来のホワイトレタリングが表示されます。

 

image

水をかけながら洗い流すと、こんな感じになります♪

 

「薄い水色のままでも人と違って良いじゃん!」
って思われるかも知れませんが、これは作業が完了したら洗い流してくださいね。何故なら、雨の日や水溜り等そのまま走ってしまうと、表面の水色が側面に流れ出してブサイクになっちゃいます・・・(泣)

 

image

やはりホワイトレタリングだからこそ、足元が引き締まって見えるでしょう?

 

4×4ユーザーさんが、どんな悪路でも乗り越えられて走る愉しみを満喫できる様にするのがボクの役目でもあると、この作業を通じて改めて思いました。

 

本当に、月末最終日に来てくれた友達には感謝以外の言葉が見当たりません♥
四国の自然豊かな景色を満喫するのが本来の目的だったのでしょうけど、それに合わせて遠くからタイヤ交換までしてくれた彼には、ありがとう♪だけでは到底すまされない想いでいっぱいです。

 

 

 

 

Follow me!