時には、断る勇気を持つ事も大事。目先の売上げよりも、信用を失う方が大きな損失になる。


2016-08-11

商いをしていく上で最も大事なことは、お客さんから信用されることでは無いですかね?

信用できないお店に、行きますか?

信用できないお店で、買い物をしますか?

ボクなら、そんなお店には行きません!

 

こんにちは
タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ 

 

先日、とある上場企業にお勤めの方とお話をする機会がありました。ボクの様な個人事業主と比べたら、蟻と像ぐらいの規模の違いがある会社にお勤めの方でした。

 

その方の会社方針では、どんな事があってもお客さんからの依頼は断るな!ってのがセオリーなんだそうです。と言うか、会社の風習がそんな感じらしくて、時々それが仇となって困ってしまう事があるとお嘆きでした。

 

方や、ボクは基本どんな作業依頼でも受ける様にはしていますが、あきらかに自分の所では対処しかねる作業依頼は、お断りしています。その事を彼に話すと、大変驚かれたんですね。そんな事をすれば、売上げが落ちるじゃん!と・・・

 

 

売上げよりも、大事な事があります。それが、信用されるって事だと思うんです!

確かに、自営業者の立場ですと依頼された案件を断ってしまうと、売上げに響きます。強いては、自分の生活にも影響を及ぼしかねません。言わば、自分の生活にモロ直結する行為でもあります。

 

でも、そこで無理をすればどこかにシワ寄せが来ます。依頼された案件を受けた後で断ってしまうと、信用されなくなる場合もあります。結果、先ほどの無理をしたシワ寄せは、そこに来るんだと思うんです。

 

昨今、大企業での不祥事が後を絶ちませんよね。ボクが関わっている自動車関連の世界でも、去年の夏頃に起きた不祥事に始まり、今年の春頃に発覚した不祥事と色々ありました。(去年の夏の出来事は、その後に起きた不祥事の方が大問題でアッサリと話題から消え去りましたけどね・・・苦笑)

 

それらの事から見えるのは、失った信用は、容易に取り戻せない!!って事です。現に、ボクのお店でタイヤ交換のご相談をしてくださる方の中には、そのメーカーに対して良いイメージをお持ちでないお客さんが多いです。そうなってしまった場合は、こちらからも提案する事が出来ませんし、先にお客さんから除外された内容でご相談を受けます。

 

ボク自身、ある方たちから信用を無くしています。それは、未だに信用されていませんし、信用される気配すら無いのを感じながら生活しています。だからこそ、売上げの前に大事な事が、お客さんに信用してもらう事!これが大事なんだと身を以って体験しました。

image

この作業も、お客さんとの都合が合わなかったので、一度お断りをしました。お断りしても“ 信用 ”されていると、ちゃんと依頼して頂けます♪

 

売上げを落すと、瞬間的には痛手でもあります。でも、それ以上に痛手なのが、

信用を失う事の方がはるかに痛手

なんですね。これは、もうヘタすれば一生かかっても失った信用は取り戻せれないかも知れません。それくらい、大事な事だと思っています。

 

そういった理由から、ボクのお店では自分のキャパオーバーな案件はお断りする様にしているんですね。でも単にお断りするのでは無く、その依頼案件をこなしてくれるお店をお客さんに紹介しています。そうする事で、お客さんがボクのお店から離れてしまっても、そのお客さんとっては自身の欲求が満たされるし、ボクの事を信用しなくなる事は少ないと思うんです。

 

 

お客さんは、信用しているからこそ依頼してくれる。その想いに応えるのが、商いの基本!

先での上場企業にお勤めの方には、その事をお話させてもらいました。と言うか、ボクがそう考えている事をお話したんですね。でも、多分彼はそのままだと思うんです。その理由は、歴代続く会社の流れから抜け出せないでいるからかも知れませんし、おそらくは社内での常識を疑っていないからだと思うんです。

 

どの業界にも、ある程度の業界内での常識ってのがあると思います。でも、それってその業界内だけのルールみたいなものであって、お客さんには全く関係の無い事なんですよね。そのルールを何の疑いも無く沿って仕事をしていると、時代の変化に対応できなくなってしまうと思うんです。だって、常に時代は変化し続けているのですから♪

 

これは、ボクが学んでいるマーケティング『エクスマ』で教わった事なのですが、

業界歴が長いと、それが自分の中で当たり前と化してしまう。そうなってしまうと、時代の変化に取り残される。だから、自分達の業界内の常識を疑うクセをつけなさい!
と教わりました。

 

ボクの業界で言うと・・・
タイヤ交換する場合は、お客さんがお店に出向くのが常識と化しています。それが量販店だったり、専門店だったり、どこのお店でもお客さんが来てくれる状態が当たり前なんですね。でも、それだと都合が合わないお客さんが稀にいらっしゃいます。その大きな理由が、勤務時間や勤務曜日がバラバラである事。特に、サービス業をされている方や、工場等にお勤めで夜勤がある方などは、休日が合わなかったり昼夜の時間がズレていたりします。

 

そういった事を視点を変えて見ると、ボクがお客さんところへ出向いてタイヤ交換する車両をお預かりすれば済む話ではないかな?と思ったので、実行する様にしました。(但し、これには一定の条件等がありますので、詳しくはこちらをご確認くださいね♪)

 

そうする事で、お客さんからは喜んでもらえる事もあるし、ある程度の信用をしていただける様にもなります。信用していただける様になれば、もしかしたら次に何かあった時にも依頼してもらえる確率がゼロではありませんよね♪

 

お客さんが依頼してくれるのは、信用してくれているからなんですね。だから目先の利益に捉われてしまうと、その信用をなくす結果にも繋がるのではないかなとボクは思うんです。そうなってしまったら、取り返しのつかない事になると思います。
それよりも、ちゃんとお客さんと向き合って仕事をする事の方が毎日を楽しく過ごしていける秘訣であり、お客さんとの信頼関係を深く築いていける唯一の方法だとボクは思います。