タイヤ交換、承っております!だって、それが本業だもん♪


2016-09-02

下手の横好きですが〝 写真つながりの友達 〟から、作業のご依頼を頂きました♪

〝 下手の横好き 〟って諺があります。意味は、下手くそなのに好きってことです。
ボクの趣味である写真撮影は、そんな程度のレベルですが同じ写真好きの方からタイヤ交換のご相談を頂きました♪

image

 

どうも、こんにちは。
下手な横好きのタイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

写真の世界の楽しさと面白さに気付いてから、ちょうど1年くらいが経ちます。それまでスマホのカメラで撮影して、アプリである程度の加工を施して楽しんでいたくらいのレベルでしたが、たまたま知り合いの方から譲ってもらったOLYMPUS E-PM2でカメラデビューしてから、この世界の奥深さにのめり込みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 通称オリペン君で撮影した、京都 源光庵の〝 悟りの窓 〟です。

 

そして、同じ趣味の世界を楽しむ方ともつながりを持たせて頂く様になり、時には、そこから仕事の話にも発展する事もあったりします。もう既に、何名の方の作業をさせて頂いてます。いつも、ありがとうございます♪

 

写真は超絶アマチュアだけど、自分の得意とする分野では、プロです!

今さらですが、ボクはタイヤ屋さんです。あなたの街の近くにある〝 タイヤ屋さん 〟です。大事な事なので、2回言わせて頂きました♪(笑)
少なからずも、この仕事でメシを食っていますから、それなりの膨大な量の知識と技術がボク自身の中に埋め込まれて(染込んで)います。一般の方が気付かない点や、知らない事実も、ボクは知っています。

 

それらと引き換えにお金を頂いているのですからお問合せを頂いた段階で、色々とお客さんが普段から使っている車の使用状況や、要望等をお聞きしています。それらから総合的に判断して、お客さんの要望に対する回答が長くなってしまう事もあります。特に、メールでお問合せしてくださった方は既にご存知でしょうが、メールでの回答にはボクが見て感じた想いを長文になった状態でお伝えさせて頂いてます。すみません・・・

 

でもですね、それほどタイヤで車の性能も、車の魅力も、乗心地も大きく変わるものですから、せっかくお金を使って頂くなら少しでも快適に過ごして頂けるタイヤを選んでもらいたい想いから、ついつい熱く語ってしまいます。(苦笑)

 

img_3634.jpeg

黒くて丸い物ですが、それに情熱を捧げてます♪

 

この業界に入ってから、20年という月日の中を過ごしてきました。これまで、どれだけのタイヤを交換してきたかは分かりませんが、膨大な数である事には変わりません。中には、本当に半泣きになりながらも交換したタイヤも数種類存在します。(苦笑)

 

それだけの知識であったり技術であったりと、ボクがこれまで培って来たノウハウを瞬時にして出し切る場面が、お問合せを頂いた時であったり交換作業時であったりします。それだけの自信と全てを賭けて作業にも取り組んでいますから、そのスタンスに共感してくださったお客さんには感謝の言葉しかありませんし、そういったお客さんに対して全力で自分の能力を発揮しています。

 

車の部品の中で唯一、地面と直接触れる場所。それがタイヤなんです。

一括りに〝 黒くて丸い、タイヤ 〟といっても奥深いんですね、それは、どの世界やどんなカテゴリーの世界でも共通する事だと思います。ことタイヤについては、車の部品の中で唯一、地面と直接触れる場所にあるんですね。だから、ダイレクトに乗心地にも影響しますし、ハンドル操作にも影響するんです。

 

例えば、ボクは撮影をする愉しさをしってから時々、遠くまで出掛ける機会が多くなりました。それは、その場所でしか見る事の出来ない景色をファインダーにおさめたいからなんですね。その時の移動手段として使うのが、車になります。

 

車での移動でも、走行中の音が少なければ、その場所でどんなアングルで撮影しようか?とか、どんな景色が間近で見られるのか?そんな事をイメージしやすくなります。
そして走行中の燃費が良くなると、ガソリンを給油する回数が少なくなりますから、何度でも違う場所を訪れる事にもつながるんですね。それだけで、車の乗心地は大きく変わります。

 

 

また、これはボクだけかも知れませんが、車が快適に移動できる手段になると、移動している時の時間が〝 ドライブをする楽しい時間 〟にも変わってくると思うんです。元々、ボクは好きな音楽と自分の好きな車さえあれば、長距離ドライブをするのが好きな方でした。今でこそ回数は減りましたが、昔はよく1人でドライブに出掛けたりしていました。

 

そして、また最近になって撮影する為に少し離れた場所へとドライブする様になったのですが、走る悦びと愉しさを教えてくれるのが車の魅力であり、それらを総合的にサポートと演出するのがタイヤの役目でもあるんだなと、そんな事を感じています。

 

 

もしタイヤ選びで迷ったら、お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

 


TYRE-STATION まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
URL. https://masa-tyre.com
Tel   089-948-8639
mobile 090-4504-3965


 

Follow me!