トヨタ車オーナーは、必見!!専用ナットが装着されていても、ナットはそのまま使える方法があります♪


2016-11-28

スタッドレスのホイールセットを購入の際には、純正ナットをそのまま使えるタイプのホイールを選べばお得ですよ♪

先週、関東甲信地方で今年最強の寒波が来ましたね。その光景を目の当たりにされた影響か?そのニュース以降からスタッドレスタイヤのお問合せが多くなりました。ありがとうございます。年末年始にお出かけされる方は、雪が降ってからだと、スタッドレスタイヤが欠品している可能性がありますので、早めに検討してくださいね♪

 

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤ販売をしています。タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

 

さて、今日のブログではスタッドレスタイヤに関してお問合せを頂く中で、トヨタ車オーナーやレクサスオーナーにお乗りの方には朗報といえる情報をお届けします。案外、知られていない事を多く見受けられるので、知ってもらいたくて書きました。

 

先ずは、ホイールナットからのお話です。平面座ナットって、ご存知ですか?

最近の各自動車メーカーでは、純正でもアルミホイールが装着されていたりします。その中でトヨタ系統に多いのが、純正アルミホイールを留めているナットが少し特殊な形をしているんですね。どんな形かと言うと、こんな形をしています。

image

レクサスにも、これと同じ形状のナットが使用されていますし、日産や三菱の車両の一部にもこれらのナットが使用されているんですね。
では、他にはどんな種類のナット形状があるのかを下の画像に表示しましたので、どの様に形が違うのかをご覧ください!

image

同じナットと言っても、実はこんなにも種類があるんです。

上の画像で言いますと、左から順に、

  • 60°貫通ナット  ・・・ 軽自動車や、ホイールカバーが装着されている鉄ホイール全般にメーカー問わず使用されています。
  • 60°袋タイプナット ・・・ トヨタの一部車種を除くアルミホイール装着車両に使用されています。
  • 平面座タイプナット ・・・ レクサス、トヨタ系、日産や三菱車両の一部に使用されています。 
  • 球面タイプナット  ・・・ ホンダ車のみの専用設計で使用されています。

こんな感じで、トヨタ車とホンダ車だけ特殊な形状をしているんです。

 

ナットとホイールが接触する面を当たり面と言うのですが、トヨタ車ではその面の形状が
平面になる様に加工されているのが多いんです。いわば、専用ナットの様な形状をしているんです。ホンダ車両も球面形状ですから、専用ナット形状となるんです。

 

image

こういった事情から、トヨタ系統やホンダ車にお乗りの方が社外のアルミホイールに交換された場合は、必ず別途でホイールナットを用意する事が前提になるんですね。

 

今の時期ですと、量販店を筆頭に各タイヤ屋さんではスタッドレスタイヤとアルミホイールのセット商材を販売しています。ところが、それらにはホイールナットが別途必要な場合が多いんですね。
ナット代は、だいたい1台分で¥2,000 ~ ¥3,000 程です。場合に因っては、これにロックナットが付属されている事もあったりしますが、平均的な相場はこれくらいです。

 

でも、実はトヨタ系統に限って、この純正ナットを使ったままで社外品のアルミホイールを装着する事が出来る場合もあるんです。

 

 

平面座ナット対応のホイールを選べば、ナットはそのまま使用できるようになります♪

量販店やカー用品店、カーディーラー等の店頭で、スタッドレスタイヤとアルミホイールセットの展示商品を見た事があると思います。

 

トヨタ車に限って言えば、そういった商品を購入される場合であったり、純正のアルミホイールからの社外品のアルミホイール交換であったり、インチアップした場合などに有効な手段が、各アフターメーカーが設定しいるトヨタ平面座ナット対応品のアルミホイールを選べば、別途ホイールナットを用意する必要は無いんです。

 

ボクのお店では、こちらクライメイトさんとこのアルミホイールをご用意しております。
他のアフターマーケットのメーカーさんでも、平面座ナットを使用するアルミホイールの設定もあるのですが、クライメイトさんとこのホイールには華やかさが添えられています。

image

 

純正のアルミホイールの色は、単色のシルバー塗装が多いですよね。のぺっとした単色仕様ですから、お世辞にも華やかさがあると言えません。
その反面、こうしたアフターマーケット製のアルミホイールにすると、ナットはそのまま使用する事が出来つつ、クルマの足元に華やかさを持たせれるカラーも選べますから、愛車のイメージも随分と変わって来ます。

 

 

純正ホイールと、アフター品ホイールとで使い分ければ、一石二鳥?こんな使い分け方が、出来るんですよ♪

例えば、こんな使い方が出来ます。
・年間での装着回数が少ない純正ホイールに、スタッドレスタ  イヤを履かせて冬季シーズンに使う。


・逆に通年を通して履く機会が多い夏タイヤに、アフター品の  アルミホイールで足元を引き締めれば愛車の印象は変わって来  ます♪

 

image

 

アルミホイールのデザインだったりサイズの種類も、多岐にわたります。勿論、ご予算に応じて様々なホイールもご用意する事が出来ます。

image

こちらは、お買い得なスタッドレスタイヤとのセットにご用意しております。

 

更には、これからの季節に雪が突然降ってきたり、降りそうな予報が出たとしても、ホイールにスタッドレスタイヤを組んでいるので慌てて交換作業をする必要も無いですし、込み合う時間に追われる事もありません♪

 

こういう使い分けをする事も出来るのが、魅力でもあります。ただ、こういったメリットの中にも、保管場所に困る問題が出て来るのも事実なんですね。特に、マンションやアパートにお住まいの方には、結構大きな問題だと思います。

 

ボクのお店では、スタッドレスタイヤをお買い上げくださったお客さんに限り、冬場のシーズン中に夏タイヤをお預かりしております。また冬のシーズンが過ぎた場合でも、スタッドレスタイヤを工場でお預かりしています♪

 

スタッドレスタイヤをご検討されている方は是非お気軽にご相談くださいね♪

 

 

 

 

●FaceBookやってます♪
https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

●Instagramやってます♪
https://www.instagram.com/masa_tyregram/

●まさTYREのホームページ
https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
URL. https://masa-tyre.com
Tel   089-948-8639
mobile 090-4504-3965