耐摩耗性に優れた【 減りにくいタイヤ 】、始めました♪ ~前編~


2017-04-10

タイヤ 新品タイヤ交換

トレッドウェアー指数400を誇る減りにくいタイヤの取り扱いを、始めました!

四国でもやっと満開になった頃に、今日と明日は雨予報になってしまいました。例年より遅かった桜ですが、この雨が気になってます。青空の下で、可憐な色合いを見ていたいけど・・・今週末の天気が、気になりますね。 ←ただ、写真を撮りたいだけ!(笑)

 

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

さて、桜の動向と雨予報が気になって仕方が無い今日この頃ですが、以前(今年の2月)に大阪オートメッセで出会った気になる海外タイヤメーカーの正規代理店となりましたので、早速、そのタイヤを装着させて頂きました。

中国で製造されている、VITOUR(ヴァイツアー)タイヤです。

アジア圏内で製造され、世界にも販売されている VITOUR(ヴァイツアー) と言うメーカーのタイヤになるんです。まだ日本国内では全くの無名のメーカーなのですが、ボクが注目したのは、今時にしてはレアなホワイトリボン仕様(写真中央)や、ホワイトレター仕様(写真右側)のタイヤをラインナップしている点でした。

でも、このタイヤの最大の特徴は、その見た目のインパクトだけで無く、耐摩耗性が高いという事だったんです。

 

 

耐摩耗性が高いと、どうなるのか?

ズバリ、タイヤが減りにくい事 を意味するんです。

 

実は、この性能はタイヤ側面に表記がなされているんですね。でも、その表記されているのは、いわゆる輸入タイヤのみに表記されていて、「TREADWEAR (トレッドウェア) 」と表記されています。

これは、VITOUR ギャラクシーR1 のトレッドウェア指数400を表している画像になります。

タイヤが減りやすいか否かを示す表記が、トレッドウェアと呼ばれるものになります。この数値が高ければ高いほど、タイヤが減りにくい事を意味するんです。

 

この他にも、輸入タイヤの側面には、グリップ性能を表すTraction、タイヤが発熱しやすいか否かを表すTemperature が表記されているんですね。で、これら3つを合わせて総称した表記をUTQG表示と呼称されているんです。

 

UTQG表示とは、なんぞや?

「Uniform Tire Quality Grading」は、アメリカの政府機関が定めたタイヤ試験結果の評価を表したものとのこと。この頭文字をとって、「UTQG表示」といいます。

 

メーカー/ブランドを問わず、米国内で販売される乗用車用夏タイヤには表示が義務づけられています。その意味するところは、概ね以下になります。

「TREADWEAR」は、対磨耗性能試験の結果を指標化したもの。
100を標準として、数値が大きくなるほど減りにくいタイヤであると言えます。

「TRACTION」は、ウェット路面での制動性能試験結果をレーティングしたもの。
AA/A/B/Cの4段階で評価され(AAが最上位)、評価が高いほど濡れた路面でよく止まるタイヤであると言えます。

「TEMPERATURE」は、対発熱性能試験の結果をレーティングしたもの。
A/B/Cの3段階で評価され(Aが最上位)、評価が高いほど異常発熱しにくいタイヤであると言えます。

 

で、このUTQG表示がなぜ輸入タイヤだけに表記されているのかと言うと、上にも表記している通り、アメリカの運輸局に因って設けられた基準で、『統一タイヤ品質等級基準』を表したものなんです。

 

逆に、日本国内で流通している国内製のタイヤ関しては、その表示義務がありません。何故なら、「UTQG表示」を義務化したのは、アメリカの運輸局です。日本の国土交通省ではありませんし、国内の業界団体でもありませんからね。。。

 

例えば、カー用品店で販売されているBSやヨコハマタイヤ等の商品には、その表示がされてません。日本国内のみで流通するタイヤだから、その表示義務が無いんですね。だから、日本国内のタイヤメーカー品に関しては、その正確は不明なのが正直なところなんです。

 

で、ゴメンなさい!
ここまで書いておきながら何ですが、この説明がまさかこんなにも長くなってしまうとは思わなかったし、まだ長くなりそうなので、この続きは後編に続く形にさせてもらいますね。

 

 

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-948-8639
URL. https://masa-tyre.com