耐摩耗性に優れた【 減りにくいタイヤ 】、始めました♪ ~後編~


2017-04-11

タイヤ 新品タイヤ交換

トレッドウェア指数と、タイヤが減る関係性!

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

さて、昨日のブログの後編となります。前編は、こちらの内容です♪

 

昨日のブログには、海外製の輸入タイヤにはUTQG表示があり、その表示の中にトレッドウェア表示がされていると書きました。
で、このトレッドウェア表示されている数値とタイヤが減る関係は、相反する関係性にあると言えるんです。
だいたい、業界的に国産品で平均値280~320ぐらいが目安とされている説があります。(ウソかホントかは公開&表示されていないので未知なのですが・・・)

 

トレッドウェア = 耐摩耗指数 = タイヤが減りにくいと考えてください。
このトレッドウェアとグリップは普通、逆相関関係にあります。

つまり、耐摩耗性を上げるとグリップ力が下がる。
グリップ力を上げると耐摩耗性が下がるという関係になります。

 

それが証拠に、例えばサーキットで使う様な特殊なSタイヤはグリップを上げるために、トレッドウェアは160など低い設定です。
他にも、ハイグリップタイヤで代表されるBSのポテンザRE050=140、ポテンザRE11=180
ヨコハマタイヤが展開する世界的ブランドのアドバンネオバAD08=180
F-1にオフィシャルサプライヤーとして展開しているピレリPzero=220との事。

 

 

で、実際にこのタイヤに触れた印象は・・・ 想像以上に『タイヤの剛性感が、高い!』のが最初の印象です!

さて、今回初めてこのタイヤを使って作業をさせて頂いたのですが、入荷したタイヤを触った時に感じた印象は、想像以上に『タイヤの剛性が高い!』 ってのが最初の印象でした。

 

剛性が高い分、タイヤ本体の重量は少し重たいかなってな印象もありますが、他の市場に出回っているアジア圏内産のタイヤだと、剛性が薄くてペラペラなタイヤが多くありました。だからか、それらに比べると、フニャフニャした感触は皆無です。

今回のギャラクシーは、トレッドウェア400と国産品の上を誇ります!

市場に出回っている輸入タイヤ(特に、アジア圏産に多いです!)は、剛性感が柔らか過ぎる印象なんですね。柔らかいと乗心地が良く思われがちなのですが、カーブを曲がった時にクルマには遠心力がかかり、クルマは傾きます。
この現象をロールと言うのですが、傾き(ロール)が大きいと、クルマが安定するまでに時間がかかります。

 

クルマの傾きが大きいと、タイヤが早く減ってしまう要因ともなるんです。それは、タイヤが傾いたクルマを支えようとします。そこにかかる負担がタイヤを削る様な感じでのしかかります。その他にも、クルマそのものの重量であったり、路面との摩擦でクルマが滑るのを防いでますから、結構な疲労がかかっているんです。それら様々な負担がタイヤにのしかかるので、タイヤが磨り減って磨耗する理由なんです。

 

 

これらの症状を防ぐには、柔らか過ぎる事無く、適度な剛性感が必要となります。国内のタイヤメーカーでは、そう言ったタイヤの強度を確保しつつ、燃費性能であったり、乗心地を確保する開発を進めています。

ただ、正直に言ってコスト面では輸入タイヤの方が、国内品に比べて確かに安く買えるのは事実でもあるのですが、その中にはタイヤの剛性感が薄い商品が多くあります。

 

それらの商品では、初期投資を安く済ませる事が出来ますが、タイヤの減る期間も早く迎える事にもなる可能性が高いです。初期投資を安く済ませれて喜んでいても、タイヤ交換をする期間があっと言う間だと、結局のところ出費が嵩むだけのエンドレスだと思うんですね・・・

 

そうなってしまうと、根本の意味がありません。消耗品であるタイヤですが、それに因ってボクたちの安全性と安心は守られています。加えて、乗心地であったり燃費性能が良くなったりするタイヤもありますので、タイヤ選びは慎重に決めてくださいね。

 

もし、そうした事がよく分からない場合は、お近くのタイヤ屋さんか、ボクにでも聞いてもらえるとみんな色々と教えてくれると思いますので、お気軽にご相談くださいね♪

 

 

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-948-8639
URL. https://masa-tyre.com