R.I.P Chester Charles Bennington


2017-07-21

こんにちは、まさTYREです。

 

週末の花金の今朝、かなりショッキングなニュースから始まりました。そのニュースから数時間が経ったのにも関わらず、正直、まだショックから抜け出せていない自分が居ます。

 

既に、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アメリカの人気ロックバンドである LINKIN PARK のヴォーカリストである チェスター・ベニントン氏が亡くなりました。ボクと同じ年です。

 

彼らの楽曲と知り合ったのは、ボクが27歳の頃だったと思います。初めて彼らの楽曲を耳にした時から瞬時にして『カッコイイ♪』と虜になりました。アルバムも全部とは言わないけど、何枚かは持っています。1番好きなアルバムは、Jay・Zとのコラボしたアルバムです。

2004年の話になるので、みんな若いですね♪(笑)

 

彼らの虜になったのは、そのリズムとチェスターのシャウトする姿に強烈なインパクトを受けたからなんです。

 

 

音楽に関わらずですが、時代の変化と共に全てのもは形を変えていきますよね。
今日のブログの音楽ネタであるバンドに関して言えば、バンドの解散だったり、再結成だったり、活動休止だったり、ソロ活動だったりと様々な形に変化する事もありますよね。

 

出来ることなら、オリジナルのメンバーでずっと活動を続けてもらいたいのがファンとしての心境ではあるのですが、メンバー同士のすれ違いから解散に発展するケースも当然としてありますよね。

 

ただ、どんな形であれ生きててさえくれれば、またどこかで会える事はあったし、声だけでも聴く事は出来たのでしょうが、今回は残念な結果となってしまいました。

 

 

世界中に居る彼らのファンには、衝撃が走った日となった事でしょう。おそらく、今日1日は各地で哀悼の意を込めて LINKIN PARK の楽曲が流れていると思います。

 

彼らの音楽に興味が無い人には雑音にしか聴こえないかも知れませんが、どうか今日1日だけは我慢してあげてください。

 

R.I.P  Chester Charles Bennington