プチ夏休み、2日目♪ ~前編~


2016-08-09

四国の暑さとは、また違う京の町。夜の観光で、伏見稲荷大社へ行きました♪

先日のプチ夏休みに、伊丹空港と京都へと足を運びました。今回のブログは、2日目の京都観光で訪れた先の写真をメインにレポートしますね♪

 

こんにちは
タイヤ屋さんなのに、最近の趣味はもっぱら撮影となっているタイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

先週の土曜日に伊丹空港へ飛行機の写真を撮りに行き、そのまま一路、京都に向かいました。伊丹空港を夕方頃に引き上げて、高速を走る事30分少々の時間で京都に入ります。今回の宿は、京都駅から程近い場所が取れたのでそちらでお世話になりました。

 

伏見稲荷大社

夕方に宿に到着。その後、一度チェックインを済ませて以前から行って見たかった千本鳥居で有名な伏見稲荷大社へ出かけました。ホテルからは、15分程の距離にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めて訪れる場所、伏見稲荷神社は21時頃まで照明が照らされていました♪

 

夜の京都を散策するのは八坂神社以来なのですが、こちらも観光客の方が多数いらっしゃいましたね。(それでも、八坂程では無いですが・・・w)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜の参拝も、昼間と違った雰囲気を楽しめますね♪

ボクが行った時間では、敷地内にある建物には灯りが燈っていましたが、足元まで届く明るさでは無いので、夜の参拝を計画されている方は足元にはお気をつけくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

本殿の奥には、山を囲むように鳥居が立ち並びます。その光景は、圧巻の一言でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜の千本鳥居の雰囲気は、こんな感じです♪

山の麓にあるので当然ですが、夜撮影をしている間に何ヶ所か蚊に刺されました。虫除けスプレー等の準備もお忘れなくと言っておきますね。(笑)

 

まさTYRE、おもかる石と出逢う♪

千本鳥居を抜けると、奥の院があります。夜に行ったので暗過ぎて撮影は出来てませんが、そこには〝 おもかる石 〟と呼ばれる石灯篭が置かれています。

image

※ 画像は、ネットから拝借させて頂きました。

灯篭の前で願い事をして、石灯篭の先端にある空輪(頭)を持ち上げます。そのときに感じる重さが、自分が予想していた重さよりも軽いと感じれば願い事が叶い、重いと感じたら叶いにくいと言ういわれがあるそうです。もし伏見稲荷大社に行った際には、是非やってみてください♪ 因みにボクは、自分が思っていたよりも・・・

 

ちょい、重ォー!!

って感じましたから、ボクの 野望 願い事が叶うのは、まだ少し先の様ですね・・・(苦笑)

 

おもかる石が設置されているのは、ここだけでは無いようですね。北区にある今宮神社にも設置されていましたし、ネットで調べると京都、大阪、奈良地区に存在するそうですね。もしかして、四国の社殿にもあるのかも知れませんね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本が世界に誇る文化と、世界中の人々を魅了させる世界がここにありますね♪

 

奥の院からは、更に山を一周する様なコースがあるそうなのですが、さすがに完全に夜になってしまったので今回はパスしました。夕方には京都入りしたのに、チェックインしてから時間を使いすぎましたね・・・

 

前回、京都を訪れた際は、八坂神社から清水寺界隈を夜に散策した事があります。八坂神社は、大通りにも面しているので夜で沢山の外国人観光客が訪問されていましたね。今回の伏見稲荷大社でも、日本人観光客よりも外国人観光客の方が多い印象を受けました。特に、自国には無い異文化を受け入れる様に、真剣に一箇所、一箇所くまなく参拝されていた外国人カップルの方を見ていると、日本が誇るこの町の偉大さを改めて実感しました。

 

この日の観光は、ここまでとなります。滞在時間もそれほど多く取れていないので、毎回ピンポイントでの観光になるのですが、翌朝に備えてホテルに戻りました。翌朝の観光した場所については、また後日レポートしますね♪