スタッドレスタイヤを購入する際に、インチダウンすると言う選択肢をご存知でしたか?


2016-12-12

インチアップでは無く、敢えてのインチダウンと言う選択肢の使い方!

夏タイヤでは、カッコ良くクルマを仕上げるポイントにインチアップするのが常套手段ですが、スタッドレスタイヤに関しては、敢えてインチダウンする事が常套手段として使われているんですよ♪

 

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

日曜の昨日は、20系のヴェルファイヤのスタッドレスタイヤのオーダーを頂いたので、そちらと戯れておりました。(笑)

 

ヴェルファイヤの純正タイヤサイズは、235/50R18と大径サイズが装着されています。このサイズのスタッドレスタイヤだと、1本あたりの店頭販売平均単価が¥38,700 ~ となってます。(※ 地区によっては変動あり)4本購入すると、¥15万コース確定です。

 

毎年、雪が積もったり、雪に覆われる地域にお住まいの方なら必需品ですし、事故に遭うよりも安全を買うなら安い買い物だと思います。でも、四国の様にそれほど使用頻度が限られた地域にお住まいの方には、ちょっと躊躇してしまう買い物かも知れませんね・・・

オプション装着サイズを選べば、安全も手に入れられるしコストも抑える事が可能です。

 

そこで、コストを抑えつつも安全を手に入れる方法として、純正サイズのインチダウンサイズを活用するって方法があるんです♪

インチダウンするメリットは、雪道を走行する際の安全面を確保できる上に、スタッドレスタイヤの出費を抑えれる事にあります。

 

 

インチダウンする場合のタイヤサイズの決め方!

よく聞く質問に、インチダウンした場合はどのタイヤサイズにすれば良いのか?そういった質問を受けます。

 

クルマのタイヤサイズには、標準装着タイヤオプション装着タイヤとがあるんです。で、インチダウンする時のタイヤサイズは、オプション装着タイヤのサイズを選ぶ、若しくは、下のグレードに装着されているタイヤサイズを選べば、タイヤ外径が変わる事が少ないので問題ありません。

 

今回の場合、オプション装着サイズの17インチになります。

今回の場合は、たまたまお客さんの友人が同じトヨタ系の車両に乗っていて純正ホイールが余っていたそうなので、このホイールを使ってスタッドレスタイヤを装着しました。

 

インチダウンした場合もそうなのですが、場合によっては別途ホイールナットが必要になる事もあるんですね。
以前、ボクのブログにも書いたのですがトヨタ車の多くは専用ナットを採用しています。

ナットとホイールが接触する面を当たり面と言うのですが、トヨタ車ではその面の形状が平面になる様に加工されているのが多いんです。
いわば、専用ナットの様な形状をしているんです。ホンダ車両も球面形状ですから、専用ナット形状となるんです。

 

image

こういった事情から、トヨタ系統やホンダ車にお乗りの方が社外のアルミホイールに交換された場合は、必ず別途でホイールナットを用意する事が前提になるんですね。

 

今回の場合は、インチダウンしてもホイールナットはそのまま活用する事は出来ますし、タイヤ代のコストも抑えれる結果となります。

タイヤも、重量級の車両にも相応しいスタッドレスタイヤをご用意しました♪

 

 

残念ながら、デメリットもあるのも事実です。

良い事づくめの様に思えるインチダウンですが、デメリットも存在します。
と言うのも、インチダウンする場合、必ずしもどの車両にも該当するってワケでは無いんですね。

 

最近の軽自動車だと、車両の規格サイズが違う為インチダウンが出来ないサイズもあります。

 

例えば、純正装着サイズが155/65R14が装着されている車両は、そのサイズをそのまま購入された方が良いです。市場に流通している数が多いので、単価は低く設定されています。
逆に、軽自動車でも15インチが装着されていたり、今回の様に普通車やコンパクトカーの場合は、インチダウンをすればメリットの方が大きい場合もあると思いますね。

 

車両の大きさに因ってはメリットもあるし、デメリットしか無い場合もありますので、どうすれば良いのか分からない事があれば、お気軽にご相談くださいね♪

 

 

 

●FaceBookやってます♪
https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

●Instagramやってます♪
https://www.instagram.com/masa_tyregram/

●まさTYREのホームページ
https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
URL. https://masa-tyre.com
Tel   089-948-8639
mobile 090-4504-3965