GOOD YEAR製品が、お買得となりました!


2018-08-23

タイヤ 新品タイヤ交換:GOODYEAR  EAGLE  LS EXE

輸入タイヤより、はるかに安心感が違う!今なら、GOODYEAR製EAGLE  LS EXE が狙い目です!

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

昨日、いつも贔屓にしてくださっている業者さんとお会いする機会があったんですね。で、ひょんな事から話が持ち上がって急遽、決まったと言うか、実施して見ようと思ったのでお知らせさせて頂きますね♪

 

先ず、結論から申しますと、この様なご要望をお持ちの方にオススメするタイヤがあります!!

燃費を気にされている方!
・乗心地は、良い方がいいよ!
・タイヤにコストをかけたくない方!
・でも、安心して走れるタイヤが良い方♪

この様なご要望をお持ちの方にオススメするタイヤが、GOODYEAR  EAGLE  LS EXE になります!

 

価格帯も、ボクのところで扱っている輸入タイヤとの差額が、それほど大きく開きがありません。その上、製品の作りがシッカリ製造されているのでタイヤの精度も高いですから、運転していても安心感が違います。

 

でも、安心感って目には見えないですよね。。。見えない物に、人はお金を出すのでしょうか?そんな疑問が沸いてきますが、国内市場に流通しているタイヤメーカーにGOOD YEARと呼ばれるアメリカに本部を置くタイヤメーカーがあるんです。

 

このタイヤメーカー、国内での知名度はお世辞にも高いとは言い難い部分があるのですが、世界レベルで見るとミシュラン、ブリヂストンに次ぐ大きな組織なんです。

 

日本国内ですと、トヨタ系ディーラー店や同系列のカー用品店ジェームス等で販売をされているタイヤメーカーさんになりますから、ある程度の安心感や信頼感は得られると思います。

 

今回、ご縁があってボクのお店でも、こちらの製品をお買得価格で展開させて頂く事にしました。

 

とは言っても、前々からGOOD YEAR製品も取り扱っていたのですが、その商品の中で一部のタイヤのみに的を絞って、少しの間オススメ商材として展開する事を勝手に決めちゃいました♪ww

 

 

安心感って、どうすれば目に見える?

実際には、目で見る事は不可能では無いかと思うんです。見ると言うより、感じるって表現が正しいのかも知れません。

 

今でこそ、ネット通販などで輸入タイヤが流通されてます。特に、アジア圏内からの出荷されたタイヤなんかは、最早当たり前の様に浸透して来ていますよね。

 

これらのタイヤ全てが、ボロイ・ウルサイ・でも安いから買ってしまう と言うワケでは無いのですが、長年現場からそれらのタイヤを見ていると、そういったイメージが拭い切れません。

 

実際に、そうした類の中にも物が良いタイヤも存在します。逆に、評判通りに新品タイヤを購入して取り付けたのに、製品自体に何らかの問題があってトラブルになった話をボクの身近でも聞きますし、目撃する事もあります。

 

確率こそ昔に比べると少なくなりましたが、でも未だにハズレに当たる方を見聞きします。かと言って、ボクのお店でもアジア圏内から出荷されたタイヤも取り扱っているのですが、余程の事情が無い限りは強くお勧めする事はありません。

 

あっても、そこそこの タイヤ強度・ノイズ・コスパ等をトータルで判断して、使えるか否かを決めていますから、格安の輸入タイヤ何でも来い!ってスタンスでは無いんです。

 

反面、国内タイヤメーカー品となると、コストが倍以上かかってしまいますが、これは当然の話だと思います。例えば、日常生活の中の品でも、¥5千円のものは¥5千円なりの仕事しかしません。\5千円のものが、¥1万円分の仕事はしません。基本、何事も値段なりの仕事しかしません。

納期のタイミングさえ合っていれば、このタイヤよりも格段に快適になれたのに・・・

消耗品だからお金をかけたくないって気持ちも分かるのですが、タイヤにかけるコストをケチったが為に、大きな事故に遭ってしまった話も見聞きします。そういった状況の中で、もう少しなんとか手立ては無いかな?って思っていた矢先に、今回の企画を思い付いたんです。

 

ただ、このタイヤはメーカーH/Pから除外されています。いわゆる、カタログ落ちなのですが、製造は現行で生産されています。ですから、製造年数が古いタイヤが届く事もありません。

 

また、ちょっとココが残念なのですが、サイズバリエーションが少し狭いです。軽カーサイズだと設定がありませんから、該当しません。ココは、ボク自身もメーカーサイドにツッコミたいッ!

 

コンパクトカーから始まって、セダン系・SUV車両・インチアップ系大径サイズ等には対応できるラインナップとなっています。特に、コンパクト系車両にお乗りの方で、アイドリングストップ機能が搭載されている方には、ベストな組み合わせだと思います。

 

同じくコンパクトサイズでハイブリッド系の車両にお乗りの方には、別の低燃費タイヤを選ばれた方が長い目で見てもコストパフォーマンスには優れていると思いますので、そちらをお勧めします。

 

そろそろタイヤも交換どきで、ご自身のクルマとの相性はどうなんだろう?と思われたら、クルマのお使い用途に応じてご提案させて頂きますので、ブログの下に表示しています連絡先までお気軽にご連絡くださいね♪

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
自動代替テキストはありません。 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL  https://masa-tyre.com

メールからは、下記のフォームからお待ちしております♪


Follow me!