一斉を風靡した、走り屋世代が思う現代


2018-08-30

スポーツカー全盛期時代が、過去の日本にありました!

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

ボクと同年代の人、若しくは、パイセンに当たる年上の方ですと、20代の頃はスポーツカーブームだった世代になると思います。

 

今ではエコカーブームやミニバンブームになり、若い子たちの間ではクルマに興味を示さなくなってたりと、時代は激変の頃となっているのが現在です。なんなら、近い将来クルマが遂に空を飛ぶ時代が来ようとしているくらいです。(そうなったら、ウチ廃業ですやんw)

 

国内の自動車メーカー各社も、若者のクルマ離れを何とかして引き止めようと様々なアイディアを実現化させていますが、なかなか思う様に展開していないのが現状なのではないかなと・・・クルマ業界の一部に属していながら感じています。

 

寧ろ、若者よりもボクら世代ないし、ボクらより年上のパイセン方が再びスポーツカーを所有して、クルマのある生活スタイルを満喫する流れが増えているのではないかと思うんですね。

 

 

あのお客さんがタイヤ交換したら、どんなタイヤを履かすかな?

スポーツカーに乗らないと、モテない!ダサい!カッコ悪い!そんな時代が、過去の日本にはありましたw

 

そういった青春時代を過ごした我々ナイス中年世代のヲッサン達も、いつかはまたスポーツカーに乗りたいな、またあんなキビキビ走るクルマを運転したいな・・・と思われる人も、いらっしゃる事と思います。

 

そんな中、あるお客さまが久しぶりにスポーツカーを購入したと連絡をしてくださいました♪昔は、各自動車メーカーから様々なスポーツカーが販売されていましたが、今では片手で足りるぐらいに激減していますよね。。。w

 

その方とお話をしていて思ったのが、
『 タイヤ交換するなら、どんなタイヤが似合うかな?どんなタイヤを選べば、そのクルマ本来の性能を引き出せるかな? 』
仕事柄、そんな事をつい思ってしまいます♥

 

タイヤ交換と同時に、ホイールも交換する。これが、デフォルト世代でした♪

ちょいマニアックな話ですが、ヨーロッパで認められた海外モデルのタイヤだと、どうだろう?
それとも、純国産メーカーのチャキチャキなスポーツ系タイヤが良いのかな?
そもそも、ツーリングを愉しまれるのであれば、長時間の移動でも疲れない方がよくね???
なんて妄想を、1人しちゃったりしますw

 

 

スポーツカーに限らずですが、毎回タイヤ交換のお問合せを頂いた時は、その人の使い方や使用条件等をイメージしてどのタイヤが良いのか?そこを重点的に加味して、ご提案させて頂いてます。

 

でも、ここまでイメージしているのはタイヤ屋さんぐらいかクルマ好きな方だけであって、大多数の方は、そこまでタイヤに気にかける事はないのが現状です。

 

 

タイヤ屋さんが思っている程、世間様はタイヤに興味が無い。これが現状。。。

現代では、軽カー1台とファミリーカー1台の2台体制で所有されている方も珍しくはありません。特に、地方ですと公共交通機関が限られていたりするので・・・w

 

クルマは持っているけどタイヤまで気にする方は、少ないのが現状です。空気圧やローテーション時期などは、もっと気にされている方は少ないと思います。

 

だから、我々この業界に従事している者が、きちんとお客さんと向き合い特徴を伝えていかなきゃならないんです。売りたいタイヤを売るのではなくて、お客さんの使用条件・使用目的に合ったタイヤを提案する事、これが我々タイヤ業界に従事する者の役目でもあります。

 

1度タイヤ交換をすると、だいたい平均で3年くらいは使えます。定期的にローテーション作業を繰り返ししていると、もっと使用する期間は長くなります。でも、していなくても約3年間は交換しなくて済みます。

 

格安の輸入タイヤの登場でネット販売を通じて、市場の流れも大きく変わって来ています。売り手は、タイヤの値段の安さと、設定サイズ、メーカー側が用意したタイヤのうんちくぐらいしか説明していません。

 

しかし、買い手側はタイヤの事など興味の無い人が多いです。黒くて丸いものであれば、どれも同じだと思われている方が多いです。。。

 

でも、実際はそうじゃないんです。やっぱり国内メーカーが開発したタイヤと、格安タイヤだと見た目は同じ黒くて丸い形をしていても、性能が違うんです。低燃費タイヤ系だと、直ぐに燃費の良し悪しで体感する事が出来ると思います。

 

そういった点を踏まえて、知らない人に知ってもらいたいから、ボクは必ずお客さんの使用用途を伺って提案する事を心掛けています。

 

見た目は同じでも、タイヤの中身(性能面)を確認するのは難しいです。難しいからこそ、あなたの街にあるタイヤ屋さんに気軽に聞いてあげてください♪きっと、みんな喜んで相談に乗ってくれると思います。

 

もし、煩わしそうにされたなら、ボクのところに連絡をください。ボクの直接的な売上には繋がらないけど、県外在住の方でも問題ありません。過去にも、関西圏や関東圏在住の方のご相談に乗らさせて頂きましたから♪

 

何か気になる事があれば、下記のメールフォームからお気軽にどうぞ♪(・∀・)ノ

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
自動代替テキストはありません。 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL  https://masa-tyre.com

メールからは、下記のフォームからお待ちしております♪


Follow me!