エリシオンに、海外版ル・マン704を装着!


2019-09-27

タイヤ 新品タイヤ交換:DUNLOP  SP SPORT LM704

要望は、「 静かな移動時間と、居住空間 」♪

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

先日、常連のお客さんから新規のお客さんをご紹介して頂きました。ほんと、いつもありがとうございます♪

 

既に、他のタイヤ屋さんでもお見積を取られていたそうで、加えて、最近ではネットで購入されるケースも珍しくない時代になってます。そうした選択肢がある中でも、ボクのところでタイヤを買ってくださった事に、すごく感謝しています。

 

で、今回のお客さんのクルマは、ホンダのエリシオン、タイヤサイズが215/60R17になります。

走行距離は、まだ6万㎞に突入したばかりなので、まだまだ走れますね♪(・∀・)ノ

お仕事柄、高速道路を使っての移動が比較的多いとの事から、要望する条件として出されたのが
『 移動中が、静かなタイヤが良い!加えて、コストも抑えれるなら、それに越した事は無いw 』
ってのが、条件でした。。。

 

このジャンルの車両だと、ミニバン向けのタイヤが真っ先に候補に挙がります。ボクも、真っ先に挙がったのがトーヨータイヤのトランパス mpZ でした。予算圏内にあるし車重を考慮しても、申し分ないタイヤなのですが・・・

 

1点だけ気になるのが条件に出されていた、『 静かなタイヤ 』っていう点でした。。。
耐荷重性能では文句なしの選択肢なのですが、正直、IN・OUTの指定があるタイヤですから、外側ブロックから発生するノイズ音が気がかりでした。

 

サイズ設定と予算枠さえ合えば、SUV車両向けのタイヤも候補も射程圏内にあります♪ その中でも、お勧めは トーヨータイヤ製のプロクセス CF-2 は、まさに条件にピッタリの性能を発揮するのですが、今回は条件との折り合いがつきませんから見送りです。

 

 

海外版、ル・マン704の存在!

そこで静かに走れそうで、且つ、タイヤの強度も確保できるタイヤが無いかと探した結果、グッドイヤー製の LS EXE の存在を思い出したのですが・・・いかんせん、サイズ設定が無く撃沈。

 

他を探していると、ダンロップの海外向けル・マン704の存在に気付きました。

海外モデルのル・マン4。輸出用タイヤの取り扱いも、可能です!

国内向けのル・マンだと、現在の仕様ではル・マン5になります。今回、ご用意させて頂いたこちらのタイヤは海外仕様のモデルで、国内向けだと1つ前のモデルになります。

 

因みに、同じメーカー製なのに国内仕様と海外仕様、何が違うのか?ザックリと言うと、タイヤ内部に設けられた特殊吸音スポンジの有無に違いが有ります。

 

このタイヤなら、提示された条件と予算枠、両方を兼ね備えるタイヤである事を説明させて頂き、今回はこちらをご用命して頂く事になりました。

 

それまで装着されていたのは、お友達から譲って頂いたホイールセットをそのまま装着されていたのですが、4駆用のタイヤが装着されていました。

まあ、確かにこの模様のタイヤで高速道路を頻繁に移動すると、ロードノイズが気になるかと思います。特に、車内スペースが広い3列シートの車両ですと、路面からの音が室内に響き渡る感じですからね。。。

 

この点でもル・マン704なら、先ずは音の不満点をクリアーする事になります。ただ、個人的に1点だけ気になる事を挙げるなら、タイヤのトレッド幅が少し狭いのが気になりました。(気にしすぎなのかも知れませんが。。。w)

 

 

知っているからこそ、関連する部材も変更を提案させてもらいました!

でも、ボクがもっとも気になったのがホイールナットが適合していない点でした!と言うのも、足元に装着されていたのは、社外品のアルミホイールだったんですね。

でも、ホイールナットはホンダ純正の球面型のホイールナットのままでした。この組み合わせだと、ナットの当り面が違い過ぎて、ホイールの一部分だけしか留めれていない状態なんです。

左が球面型のホンダ純正ナット、右が60°テーパー角のナット。形が違うの、気づいてもらえますかね?

で、この状態で考えられる危険予測は、走行中にナットが緩んでホイールが脱輪してしまう事が予測されます。なので、本来なら社外品の60°テーパー角のナットを用意しなくてはなりません。

 

ホンダ車両の場合、ご自身で純正品以外のホイールに交換する場合の落とし穴はココにありますので、ぜひ覚えておいてくださいね♪

新しいしたタイヤに、ホイールナットの形状の違いを説明させて頂き、これで全てが整いましたのでお引渡しです♪

 

早速、来月には名古屋方面に走行されるとの事でしたので、後日のインプレッションを聞かせてもらえれば、ボク自身も次回からの参考になりますので、ぜひお聞かせ願えればと思います。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
「インスタアイコン」の画像検索結果 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL  https://masa-tyre.com

メールからは、下記のフォームからお待ちしております♪