いつか来るその日の為に、思う事。


2018-05-22

誰にでも訪れる、最後の別れの日

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

昨日、たまたま立ち寄った銀行でお昼のワイドショー番組が放送されていました。女優の朝丘雪路さんが他界され、ご主人である俳優の津川雅彦さんが会見をされた内容を放送していました。そして、その日の夕方に登山家の栗城史多さんが下山中に亡くなったとショッキングな事を知りました・・・

 

津川さんの会見を見ていて、もし仮に自分も最愛の人を亡くし同じ立場になった場合、どんな心境になるのだろう?現実を受け入れられなくて、放心状態になるのだろうか?その時の自分は、どんな事を思うのだろう?そんな事を考えてしまいました。

 

人は、生まれてから誰もが最期に死と対面します。当然、ボク自身もいつかは旅立つ日が来るし、それがもしかしたら今日かも知れないし、明日かも知れません。それは、いつ訪れるのかは誰にも分からない事でもありますよね。。。

 

 

いつ起きても悔いが残らない様に、いつも一生懸命に生き抜いていたいと思う

正直、20代の頃には死について深く考えた事がありませんでした。いつかは死んでしまうのだろうけど、それが身近に起きるなんて思っても見なかったし、幸いにも葬儀に参列した経験も少なかった頃でした。

 

おそらく、誰もが自分の身近な人との別れを経験しない限り、どこか他人事の様に思っているのではないかなと思うんです。ボク自身がそうである様に、当事者意識は薄いと思うんですね。

 

でも、自身が年齢を重ねるに連れて、そういった場面に出くわす事も少なからず増えて来ました。もっとも意識する様になったのは、じーちゃん(祖父)が亡くなった時に強く意識する様になりました。

 

そこから少し意識が変わるキッカケとなりました。あれから数年の月日が流れて、更に自分自身も年齢を重ねてますから、どんどん死と言う枠に近づいて行ってます。

 

ただ何となく日々を過ごすのでは無く、出来る事ならその日が来るまでに自分がやりたい事を残さず実現化して行こう、出来る限りの事を具現化して行こうと意識する様になったんです。

復帰後にやって起きたい事の中に、工場のテコ入れがありました♪

仕事も遊びも、友達や自分の大切な人と過ごす時間も、一人で過ごす普段の何気ない時間も、めいっぱい楽しんで、真剣に愉しんで時間を過ごしていたい。

趣味の遊びにも、必死で遊ぶ!w

世界的にも有名なアップルの創業者 スティーブ・ジョブズが残した言葉に、この様な言葉があります

 

この地上で過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを、本当に一生懸命できる機会は、二つか三つくらいしかないのです。

                    - スティーブ・ジョブズ -

ボク自身、彼ほどの偉業を成し遂げているワケでは無いですが、彼の言葉に共鳴します。毎日の時間をもっと一生懸命に生き、頼ってくれるお客さんと共に楽しく過ごし、大切な人たちと愉しく過ごします。

 

最後に、亡くなれた朝丘雪路さんと栗城史多さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
インスタグラムのアイコンマーク https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
自動代替テキストはありません。 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL. https://masa-tyre.com


Follow me!