突然ですが、今でも夢を持ち続けていますか?


 当店は、キャッシュレス・消費者還元事業加盟店です♪

2019-11-13

夢を実現する為には、どうしたら良い?

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

今日は、ボクが住む地元 愛媛県の今治地区の話題を書きます。
サッカー元日本代表監督を務められた岡田武史氏が、今治地区にあるサッカークラブ FC今治のオーナーとして活動されている話を、みなさんはご存知でしょうか?

 

国内のサッカー組織も、トップリーグのJ1リーグがあって、その下にJ2リーグ、J3リーグ、JFLとそれぞれにポジションがあるそうなんです。

 

その中で、先日、FC今治がJ3に昇格したとの記事がありました。それに関連して、岡田氏へのインタビュー記事があったので読んだんです。その時の記事は下のリンクにありますので、興味がある方はクリックしてみてください。

 

岡ちゃんオーナーの今治が悲願のJ3昇格「社員を食わすため毎月5000万円以上が必要だった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010000-wordleafs-socc

引用  THE PAGE / 文責・藤江直人氏 スポーツライター

J3に昇格した話の内容だけなら単なるスポーツ系の話題になるのですが、この記事の内容はビジネスの要素も含まれているし、夢を持ち続けるモチベーション維持のヒントも含まれている記事だなとも思ったんです。

 

例えば、岡田氏が思い描く構想の中には、この様な事が含まれていたそうです。

2025年までにJ1で常時優勝を争い、5人以上の日本代表選手を輩出する中長期ビジョンもクラブは描く。絵空事に映るかもしれないが、走り出さないことには何も始まらない。

これ、確かに絵空事かも知れません。でも、何も無い状態からスタートした場合って、全てが無理だろうってぐらいの妄想に近い状態から始まります。過去の自分が事業を立ち上げスタートした時が、そうでしたからw

 

FC今治に関して言えば、記事の中にある様にJ3に昇格したからゴールでは無く、ここからがスタートラインに立って全てが始まる状況なんだろうなって思いました。

 

高田明氏から学ぶ、ビジネスの教えに納得!

この記事に先立って、通販事業を手がけていたジャパネットたかたの高田明社長が運営するクラブチーム V・ファーレン長崎の取締役を退任する記事を読みました。

J2長崎、高田明社長が退任へ「多くの人たちと『夢』を共有できたことに心から感謝」

https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/372922/

引用  西日本スポーツ

先出のFC今治よりかは、Jリーグで先輩になるV・ファーレン長崎ですが、クラブチームの経営状態は良くなかった様です。そこに地元出身の高田明社長が就任して、クラブの運営を健全化したそうです。

 

この特集記事の中で、ボクが高田社長のここって凄いなァ~って思ったのが、この文言でした。

ジャパネットや、カメラ店ビジネスの世界にいたけど、経営自体は「サッカーだから難しい」とは思わなかったですよ。業態は違っても「何のためのビジネスか」「何を目指したビジネスか」で、ミッションは同じ。いつも言ってるけど、スポーツは、スポーツを通してみんなを元気にする、子どもたちに夢を与える。それが活力になっていく。ビジネスってみんなそうだと思う。商品を販売したら、商品によって人が元気になる。生きがいが持てる商品を提示する。おしゃれをして楽しむとか、V・ファーレン長崎難しくなかった。

何の為のビジネスか?何を目指したビジネスか?
今のボクが見失ったいる部分は、ここだなってハッと気付いけた瞬間でした。

 

どんなビジネスでも、根底にある想いは同じだと思った

岡田氏も然り、高田氏も然りですが、夢を思い描き、それを具現化させるにはどうしたら良いのかな?って考えてみました。

 

その中で必要な要素は、色々と出て来ました。先ずは、夢自身を思い描く事だけど、今度はそれを実現化させる為には細かく具体的に落とし込み、自身が行動を起こす事が必要だよなと思ったんです。

 

ボク自身、今でこそ小さいながらも自分の工場を構えるまでに成りましたが、サラリーマンを辞めて文無し状態からここまで来るのには平坦ではありませんでした。

 

それまでに色んな人に助けられて携わって来てももらえたし、必然的なタイミングで実現する事が出来たと思っています。

 

あとは、以前に学んだ事ですが、夢を実現化させる事がゴールと仮定すれば、ゴールから逆算して考えれば己づと取るべき行動が見えてくると学びました。これは、確かに一理あるかもです。

 

正直、ボク自身ここ数年は自分の夢が思い描けていない状態が続いています。自分の店を持てた事に安堵して、次なる目標を見失っている様な感じもするのですが。。。

 

それでも、一番見失ってはいけない買ってくれた人が喜んでもらえる仕事をする事。これだけは、最低限忘れてはいけない事だと自覚していますし、高田社長が発言されていた内容と同じ想いじゃないかな?と思っています。

 

その気持ちを忘れてしまったら、ネット販売と似た様な事になってしまう。そうなると、やっている意味が無くなると自分自身が思うので。

 

もっと簡単に考えたら、夢が出来たならそれを色々な人たちに公言すると良いと学びました。話を聞いてくれた人の中に、もしかすると共感して協力してくれる人が現れるかも知れないからだそうです。

 

一見、無謀にも思える様な夢でも、例え小さな夢であっても、何かに向かって真剣に突き進んでいる人の姿は、人を魅了するものです。ボク自身も、また何か新しい夢を抱ける様に、それらを持ち続けれる様にがむしゃらに頑張って行きたいです。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
「インスタアイコン」の画像検索結果 https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL  https://masa-tyre.com

メールからは、下記のフォームからお待ちしております♪