水没したクルマを移動させる場合の注意点!


2018-07-08

車検 メンテナンス:

今回の浸水による被害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは!
砥部町高尾田でタイヤとホイールの販売をしています、タイヤ・コーディネーターこと、まさTYREの田中です♪ (・∀・)ノ

 

7月7日に、愛媛県の南予地区を中心に、広範囲で河川の氾濫による浸水の被害が続発しました。奇しくも、この日は七夕でした。

 

昨日のブログにも書きましたが、愛媛県は大きな台風が来ても被害は比較的少ない地方なんですね。その理由は、四国山脈が盾となって台風の影響をやわらげてくれるからなんです。

 

これまでに河川の氾濫は何度かありましたが、幸いにもボクが住んでる地区では大きな混乱はありませんでした。

 

でも、去年の9月にボクの工場がある地区でも、一部で浸水の被害に遭いました。もれなく、その中に自分もビンゴしたのですが・・・

 

普段、温暖で気候も安定している地区に住んでるから危機感が甘かったのかも知れませんが、まさか自分の身の上に降りかかるとは思いにもよらなかったのが本音です。。。

 

そういった経験を踏まえて、みんな既に知っているかもしれませんが、自分が経験した情報を提供できればと思い今日のブログを書いています。

 

 

水没したクルマのエンジンは、かけない方が良いです!マジ、ぶっ壊れます!

水位が上昇するのも早いですが、反面、水が引きだしたらそれも早いです。水が引いたからと言って、冠水したクルマのエンジンをかけるのは止めてください。真剣に、ぶっ壊れます!!

 

ボクが経験した冠水被害の場合は幸いにも膝下くらいの水位で、水深は36㎝程度でした。所有しているクルマは、ホンダの箱バンですので比較的背が高い方です。故に、バッテリーの取付け位置も水に触れる事がありませんでした。

当時の様子が、こんな状況でした。辛うじて、バッテリーは浸かってませんが・・・

でも、ボクの工場から南に向かった数軒先の方は、クルマの室内まで冠水していたそうなんですね。室内まで冠水するって事は、エンジンルーム内に設置されているバッテリーは完全に水に浸かっています。。。

 

そういった場合、エンジンを始動させてかかったとしても 必ず、後日に不具合が発生しますので、エンジンはかけないでくださいね!!

 

バッテリー関連や電気系統で不具合が起きて感電する危険性があるかも知れない事と、電子制御のエンジン内部に水が混入すると故障の原因になります。とかく、水没が原因で故障した場合は、たちが悪いです。

 

実際に冠水被害から明けた翌日辺りから、近所の方のクルマ6台ほどの車両がレッカーで運ばれて行きました。そして、そのほとんどの方が車両を買い替えされています・・・

 

浸水・冠水被害を受けた車両のユーザーの方へ

水に浸った車両は、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがありますので、以下のように対処して下さい。

1.自分でエンジンをかけない。
2.使用したい場合には、お買い求めの販売店もしくは、最寄りの整備工場にご相談下さい。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい。
3.なお、使用するまでの間、発火するおそれがありますので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外して下さい。

自動車バッテリー

最近のクルマは、完全に電子制御です。クルマに搭載されているコンピューターで、車両の状態を管理しています。家庭用の電子機器が水に弱い様に、クルマの電子機器も同じだと思ってください。

 

一先ず、クルマを移動させなくてはならない場合は、エンジンをかけるのでは無く、ギアーをニュートラル位置にして押して移動させる方が最終的には賢明です。

 

また、レッカー移動させる際には、ご自身が加入されている任意保険の特約項目にレッカー移動の条件項目が含まれている場合があるかと思いますので、それらを利用するのも方法ですよ♪

 

今回の大雨による被害は、愛媛県だけでなく各県に甚大な被害が及んでいます。直接的に被害に遭っていない人は、これから応援に向かう準備をしませんか?または、各地で救援物資が必要になるかと思います。それらを、間接的にも届ける事が出来ると思うんです。

 

一人ひとりが何かしらの協力が出来れば、時間はかかるだろうけど姿を変えてしまった街も、その姿を元に戻してくれると思います。みんなが笑顔で過ごせれる事が、誰にとっても最大の幸せだと思います。

 

こういった時だからこそ、みんなで協力出来ることがあるなら協力しましょう♪

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

├◆ FaceBookやってます♪
 https://www.facebook.com/masaharu.tanaka

├◆ Instagramやってます♪
Instagram https://www.instagram.com/masa_tyregram/

├◆ まさTYREのホームページ
自動代替テキストはありません。 https://masa-tyre.com/

お客さんの使用条件にあったベストなタイヤをご提案させて頂きますので、何かタイヤの事で困ったらお気軽にご相談くださいね。


TYRE-STATION  まさ TYRE
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田6
TEL 090-4504-3965 / 089-993-6489
URL  https://masa-tyre.com

メールからは、下記のフォームからお待ちしております♪